木の飾り

食事の栄養と欲求の本当の意味

「ゲーマー」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるのかな。幼い頃の体験や固定観念とかが、「ドクター」と頭の中でくっついちゃうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

木の飾り

喜んで歌う先生と失くしたストラップ

晩酌などの酒のお供に、絶対体に良い物を!と思っている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、焼き葱。
それ以前は鯖。
それにも飽きて、近頃は、ウナギだけれど、少々高めなので断念。
先日新たなおつまみを考案した。
お店で90円くらいのエリンギ。
小さく切って、ごま油で炒めて、みりんと塩を適量使用し味付た物。
かなり料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

ぽかぽかした日曜の夜明けはお菓子作り
意識しなかったけれど、運動くらいちょっとはやらなくてはと近頃思う。
職務が違くなったからか、このところ、体を使った仕事がとても減り、体脂肪がとっても上がった。
そして、年齢もあるかもしれないけれど、おなかにぶよぶよと脂肪が増えてきて、すごく自分でも見苦しいと思う。
ある程度でも、努力しないといけない。

無我夢中でお喋りする兄弟と月夜

正社員で頑張っていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、これぞお嬢様だった。
痩せてて活発でとにかく元気な、動物愛護の先輩。
動物愛護サークルなど設立して、そこそこキャンペーンをしている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
ちょっと前に、家に行ってみたことがある。
都心にある高層マンションで、東京タワーが見える。
先輩は、手入れの行き届いたきれいなシャム猫と同居していた。

気どりながら体操するあの人と気の抜けたコーラ
このごろ、小説を読みふけることは少なくなったが、昔に北方さんの水滸伝に熱中していた。
昔に訳された水滸伝を見た時は、取るに足りないと思い、心を奪われなかったが、北方謙三さんが書いた水滸伝を読みとおしたときは、はまって、読むのが止まらなかった。
労働の昼休憩や家に帰ってからの夕食中、入浴中でも読みとおして、1日一冊ずつ読破していた。
作中人物が人間くさく、凛々しい人物がたいそう多数で、そこに惹かれた。

雲が多い日曜の夕暮れは昔を懐かしむ

今日の夕食は一家そろって外食なので、少年は期待に胸が高鳴っていた。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろとシミュレーションしていた。
スパゲッティやカレーライス、春巻きやシュウマイ、などなど、メニュー表には何があるのかと想像していた。
行く場所は最近できた和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、じきに目的地に到着する。
お母さんは助手席から外の花や木を指差している。
お姉さんは少年の隣で、週刊誌をパラパラめくっている。
少年は車から降りると駆け出して、喜び勇んで入り口のドアを開けて皆が来るのを待った。

雨が降る水曜の夜は椅子に座る
友人の恋人であるSさんの会社で、定期的に和歌山の工場で作った梅干しをオーダーしている。
酔うと電話をくれるSさんの部下でアルEくんという働き者は、まったく話がかみ合わない。
シラフの時の彼は、わりとあがり症らしくあまりたくさん話してくれない。
だから、一度もEくんと話したと言えるくらいコミュニケーションをとったことがない。

勢いで熱弁する彼とオレ

以前、会社に入って多くの仲間に囲まれて雇われていた。
だけど、年数がたつにつれて、仲間とチームワークを組んで何かするというのに向かないと痛感した。
縛られる時間が長く、チームを組んで進めるので、やはり噂話が多数。
それを聞きたいと思えば世渡り上手になれるのかもしれない。
だけど、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
その上、仕事のペースが遅い人に合わせるという我慢ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力不足!と思うかもしれないが、父にはそういう運命だと言われた。

蒸し暑い木曜の早朝にお酒を
少し前の真夏、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクだけ摂取していた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必要だと思ったからだ。
乾燥した部屋で、キャミソール、さらにレモネードにアイスコーヒーで体まで冷やした。
だから、健康だと思っていた猛暑対策。
しかし、寒くなって、前の年の冬よりもひどく震えを感じることが増加した。
外出する仕事内容が増えたこともあるが、寒すぎて買い物にすら出れないという状態。
なので、きっと、猛暑の中の過ごし方は寒い時期の体調管理にもつながると思う。
じゅうぶんにn栄養を取り、偏りの少ない生活をすることがベストだと思う。

そよ風の吹く仏滅の朝に熱燗を

time is moneyは、凄い名言で、ぼーっとしていると、本当にあっと言う間に貴重な時間が無くなってしまう。
今よりもスピーディーに仕事も課題も終われば、これ以外の作業に貴重な時間を回すのに。
掃除をしたり、長風呂したり、自炊したり、雑誌を読んだり。
そう思いついて、ここしばらく、てきぱき終わらせようと気を張っているが、何日達成できるのか。

笑顔で話す君と冷めた夕飯
この夏は、泳ぎに行っていないが、家族でたいそう行きたい。
現在、子が幼いので、海には入らせないで砂遊びぐらいだけど、たぶん笑ってくれると思う。
だけれど、子供は、オムツをつけているから、海水客の事を思ったら海水につけない方がいいと思う。
それ用のオムツもあるが、場所によっては問題になっているらしいので。

木の飾り

コンテンツ

木の飾り
Copyright (c) 2015 食事の栄養と欲求の本当の意味 All rights reserved.
木の飾り