木の飾り

食事の栄養と欲求の本当の意味

「勘違い」のこと嫌いかな?好きかな?それぞれあるかもだけど、そんなに悪いもんじゃない気がする、「餃子」。そうは考えない?

木の飾り

具合悪そうに体操する母さんと冷たい雨

お盆が近づいて、「とうろう」などの催しが近辺で行われている。
近郊のイベント会場では、竹や和紙で作成されたとうろうが据えられていた。
近所の観光施設では、夜分には電気の照明はついてなくて、とうろうの光だけなのは、たいそう心地よかった。
竹や和紙の中でろうそくが灯っており、癒される灯りになっていた。
きめ細かい照明が周りの木々を照らし出していてすごく美しかった。

気持ち良さそうに自転車をこぐ兄さんとわたし
いつも行くマーケットで夕食の買い物をしていた。
冷凍食品のcornerドリアを探していた。
いろいろ探していたら、韓国語で表記されている品を見つけた。
良く見て確認すると、トッポギだった。
今年、韓国へ向かった時に、何回も韓国を旅行している先輩にリスペクトされたのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷食として、あのトッポギが購入できるなんて、心外だった。

ノリノリで歌う兄弟と花粉症

御盆でも家元から離れて生きているとあまり実感することがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと思い生家へ買って送った。
里方に居たら、線香を手に持って先祖の迎えに出向いて、お盆の最後に送り届けに行くのだが、別れているので、そういうふうにすることもない。
近くの方は、線香を持ち霊前に出向いている。
そんな姿が目撃する。
ふだんより墓のあたりの道路には複数の乗用車が停車していて、お参りの人も大変多く見える。

ぽかぽかした祝日の夜は散歩を
山梨県は、果物の郷と言われるくらい、フルーツの生産が行われている。
日本でも珍しい海なし県で、背の高い山に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、稲作もあまり盛んではない。
なので、甲斐の国をまとめていたあの柳沢吉保が果物つくりをすすめたのだ。
他県よりも優れている何かが欲しかったのだろう。
甲府の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生産する。

悲しそうに歌うあの子と失くしたストラップ

海辺に私たちは、在住しているので、地震後の津波を父と母が心配してくれている。
特に東北大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか海抜が高い場所は近辺に存在するのかとか話す。
家内と俺だって憂慮しているのだけど、しかし、造作なく新しい家も見つかるわけではない。
但し、実際に津波がやってくるとなってしまった時に回避するルートを設定していないととそう思うですが、海沿いしか道がないので、あらためて考えたら怖いと思った。

笑顔で跳ねる家族とオレ
久しぶりの外での仕事の日、初めて業務で一緒に過ごしたAさんという男性は、大きな先輩だ。
初めて会話をして以降気が強そうで、個人的な会話はほとんど機会がなかった。
前回、ただ何気なくAさんの半袖になった腕をみて驚いた!
大粒のパワーストーンブレスが10個以上目に入ったため。
ついつい、天然石詳しいんですね!と話しかけてしまった。ほど。
次の瞬間Aさんは得意げに、なおかつ笑顔で、それぞれのストーンの名前語ってくれた。

笑顔で熱弁するあなたと電子レンジ

ちょっと前までまったく知らなかったが、オムツのまま水に入れるというものが存在している。
都会では、そのオムツをはいて入れることろと入れない所があるらしい。
疑い無く、大人から見れば、水遊び用でも小便など含んでいるオムツで水に入られたら、いい気持ちはしない。
ただ、子供の親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
かといって、逆の立場だとしたらとてもいやだ。

ゆったりとダンスする父さんと紅葉の山
いつかの深夜の出来事だけど、私は友達と、横浜から下道を使用し、七里ガ浜に向かった。
それは、私の一眼レフのカメラで夜景を撮ることだったが、思うように撮ることができない。
ビーチは久々だったので、そのうち裸足になって海の中に入りはじめた。
しだいに飽きてしまい、砂で棒崩しをして遊びはじめた。
それ位までは、おそらくそばに置いていたCANONの一眼レフ。
思いっきり遊んで、帰路の最中、GSで一眼レフがケースにない事にショックを受けた。
仕方なくアパートまで帰ったけれど、少しの間、とても残念な思いをした記憶がある。
たくさんのメモリーが記憶されていた宝物の一眼、今はどこにいるんだろう?

汗をたらして自転車をこぐ彼女と枯れた森

仕事用で何枚かスーツに合うYシャツを購入しているけれど、いつも購入するときに多く試しに着てみる。
それ程、ワイシャツにこだわってしまうのもレアかと感じていた。
しかし、昨日、ワイシャツは特注でと、こだわっていた方がいらっしゃったので、驚いた。
けれど、シャツだけでカッコよく見えるし、悪くないかも、と感じた。

陽気にダンスする友人と冷たい雨
タリーズでもその他カフェでもどこででも美味しいコーヒーを飲むことができる。
もちろん、どこかでインスタントを入れても飲めるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスタバだ。
全席禁煙と言うのが、煙草の煙が苦手な私にとってポイントだ。
そのため、コーヒーの香りを楽しむことができる。
価格も高いけれど、立派な豆が使われているのでグルメにはたまらないだろう。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーとともに、つられてケーキもオーダーしてしまうという落とし穴もある。

木の飾り

コンテンツ

木の飾り
Copyright (c) 2015 食事の栄養と欲求の本当の意味 All rights reserved.
木の飾り